丸井金猊

KINGEI MARUI

GO TO CONTENT

芸工展2021「丸井金猊⇄法隆寺と聖林寺」

芸工展2021「丸井金猊⇄法隆寺と聖林寺」
東京国立博物館 特別展「聖徳太子と法隆寺」「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」を拝観して

2021年夏、東京国立博物館で二つの特別展「聖徳太子1400年 遠忌記念 聖徳太子と法隆寺」「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」が開催されています。
昨年、残念ながらコロナウイルスの影響で中止となった同館特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」に着想を得、丸井金猊ラボ∞谷中M類栖で開催した丸井金猊「写と想像⇄創造」展に続き、今年も法隆寺金堂壁画のコロタイプ印刷と、法隆寺百済観音聖林寺十一面観音等の複数の観音像に題材を求めた丸井金猊「観音圖」ほか聖徳太子関連作品を展示し、関連資料を収集した企画展を事前予約制にて開催いたします。

9月は独自開催、10月は地元のまちかど展覧会「芸工展2021」に参加しての開催となります。
☞朝日新聞:幻の特別展を「再現」 法隆寺金堂壁画複製写真など(柏木友紀 2020年11月13日)

コロナの状況如何によっては開催中止の可能性もありますが、現時点では東京国立博物館が開催していることと、東京⇄大阪間の新幹線移動が可能であることを条件に開催の予定でおります。また、9月の会期はDMご案内とサイトやSNSで情報提供していますが、それ以上の広報活動はしないことにしました。
マスク着用・検温・入場時の除菌・換気等、コロナ対策も行って参りますので、ご協力よろしくお願いいたします。

東京国立博物館 特別展「聖徳太子と法隆寺」「国宝 聖林寺十一面観音」を拝観して
芸工展2021「丸井金猊⇄法隆寺と聖林寺」

日時:2021年9月10日㊎〜13日㊊
      10月1日㊏〜4日㊊・29日㊎〜31日㊐ 13:00〜17:00
   1時間一組(4名様)迄の事前予約制 ☞予約状況確認・予約お申し込み
会場:丸井金猊ラボ∞谷中M類栖/1f(入場無料)
   〒110-0001 東京都台東区谷中1-6-3(Google Map
主催:丸井金猊ラボ∞谷中M類栖(代表:m-louis ←金猊の孫の丸井隆人)
情報提供・協力:宝塚市立中央図書館
印刷協力:remo [NPO法人 記録と表現とメディアのための組織]
SNS:FacebookInstagramLINETwitter ハッシュタグは #kingeimarui

東博の特別展は法隆寺展は9月5日㊐と会期前に、聖林寺展は9月12日㊐と9月の会期中に終了となりますが、出来れば9月10日㊎〜12日㊐までの期間に当企画と一緒にご覧になられることを推奨いたします。昨年は東博で観てから谷中M類栖へお越しくださいとお伝えしておりましたが、今回は谷中M類栖で観てから東博でご覧になられることを強くオススメします。

また、東博の東洋館内にあるミュージアムシアターではVR作品『法隆寺 国宝 金堂―聖徳太子のこころ』を東博入館料(特別展をご覧になる場合は特別展料)とは別に600円でご覧になることが出来ます。これがバーチャルリアリティの世界ではありますが、法隆寺の現地でも立ち入ることの出来ない法隆寺金堂内部の視点に立つことが出来、大変オススメです。これも是非谷中M類栖で観てからご覧になるとリアリティが増すと共に、谷中M類栖の展示配置の意味がご理解できるかと思います。これも期間が10月10日㊐までで10月後半の展示期には終了していますが、是非併せてご覧ください。