丸井金猊

KINGEI MARUI

GO TO CONTENT
観音圖* - Guanyin

観音圖*

1936(昭和11)年頃 26歳頃
紙本彩色, 四曲屏風 226.0×332.0cm
谷中M類栖/1f(東京都台東区)

Guanyin

about 1936 at 26 years old
color on paper, four-fold screens 226.0×332.0cm
Yanaka M-Louis.(R)/1f, TOKYO

1995年、金猊の妻・さだゑ没後の遺品整理で三鷹金猊居の蔵の二階奥から未表装の状態で発見。表装は三鷹の飛高堂に依頼。タイトル・制作年等は不明。

畏友・宮内秀雄氏(英文学者)との手紙やりとりで、1936(昭和11)年2月18日付往信、7月29日付来信に大作「白と黒と金」という記載があり、それがこの作品のことを指しているのか特定はできないが、可能性は高いと思われる。

また、この作品の下絵上部にはそれぞれの人物に以下の名前が付されていた。
左から順に 馨子 迪津子 蘭子 霊子 龍而 (観音) 晴子

一宮市博物館「いまあざやかに 丸井金猊展」図録では、美術史研究者の山本陽子氏による作品分析で、法隆寺の百済観音(製作年・作者・出所不明)が手付きを変えて描かれている以外にも、衣装や調度品に古今東西の仏像や仏具からの引用が張り巡らされていることが解明された。

©冒頭画像撮影:清真美

作品エピソード

作品タイトルは、仏前婚のようなシーンを描いたのでは?という指摘から当初「観音前の婚姻圖*」という仮題を付けていたが、芸工展2012「《所有》の所在 Ⅱ」でそもそも仏前婚かどうか怪しいと疑問符が付き、「観音圖*」と改めた。尚、その年の芸工展ではお客さんに「この屏風のタイトルを考えてみませんか?」というアンケートを実施。このページの最後で結果を公開している。

2012年、主に人物の顔を中心にシミ(黴)が発生していることが発覚。
池之端の修復工房「伝世舎」に修復を依頼し、翌年の芸工展では「丸井金猊∞屏風修復」展を開催。また、修復後に伝世舎の嶋根さん・三浦さんに取材し、そのときの経験をドキュメント映像として、コネクタテレビ『伝世舎に聞く はじめての修復』で公開している。


コネクタテレビ Vol.134 『伝世舎に聞く はじめての修復』(2014年9月)

展示履歴

関連リンク

アンケート「この屏風のタイトルを考えてみませんか?」

名前 性別 住所 タイトル 絵はがきプレゼント
森田Y 谷中 歓び(よろこび) 稚児圖條暢
市川S 谷中 流転 婦女圖
PAZ スペイン ELEGANCIA 稚児圖條暢
福島T 荒川区 天界の婚礼 壁畫に集ふ
小松I 北区 送り観音、幸福迎えの図 青龍老栖富嶽の図
井上R 豊島区 観音に集ふ 霜晨
twinleaves 品川区 夢結(ゆめむすび)
chiizu 八王子
林M 春日井市 礼会 壁畫に集ふ
高橋Y 藤沢市 異界婚 芥子花圖
古谷N 結縁 鶯圖
otarako さいたま市 旅立ち 芥子花圖
鈴木T 文京区 亡き人との婚礼 婦女圖
鈴木S 文京区 この人を見よ 青龍老栖富嶽の図
坂本Y 東京 farewell party 霜晨
北嶋Y 上野桜木 死者の婚姻 青龍老栖富嶽の図
小池M 千葉市 鶯圖
本宮Y 高円寺 天上の集い 青龍老栖富嶽の図
今村T 墨田区京島 旅立ち 婦女圖
加藤A 藤沢市 天空の世界、死の宴 鶯圖
加藤M 藤沢市 リボンの天国 芥子花圖
堀内A 杉並区 平静、そして驚異
柴田S 千葉市 紅と灰
渡真利K 藤沢市 Why? ここにいて、ここにいない 芥子花圖
内藤F 千駄木 再会の日 霊界から? 霜晨
永松H 谷中 華神 婦女圖
鈴木M 文京区 異形の参列者 霜晨
栗原H 松戸市 故宮帯子六合坊 鶯圖
佐久間T 北区 百済龍霊 稚児圖條暢
小幡M 横浜市 観音へのオマージュ 芥子花圖
阿部N 江東区 結界, 神奈の婚霊
岩崎N 京都市 観音に集う菩薩たち 婦女圖
安田T 調布市 夢の中の埋葬と復活
kasuke 大阪市 あなたと私の間にあるもの 鶯圖
m-louis 大阪市 リンクリボン(オヤジギャグ) 霜晨
 
«霜晨 - Morning frost