丸井金猊でタグ「愛工」が付けられているもの

1928年(昭和3年)3月22日 18歳
紙本彩色, 額 45.5×33.5cm
谷中M類栖/1f(東京都台東区)

March 22, 1928, 18 years old
color on paper, framed 45.5×33.5cm
Yanaka M-Louis.(R)/1f, TOKYO

制作年不詳
絹本・着彩, 額 38.5×56.6cm
個人蔵(愛知県一宮市)

years and ages unknown
color on paper, framed 38.5×56.6cm
Private Collection: Ichinomiya-shi, AICHI

1928(昭和3)年 18歳
絹本彩色, 額 50.8×38.5cm
個人蔵(愛知県江南市)

1928, 18 years old
color on silk, framed 50.8×38.5cm
Private Collection: Konan-shi, AICHI

1928(昭和3)年 18歳
絹本彩色, 額 50.8×70.0cm
個人蔵(愛知県江南市)

1928, 18 years old
color on silk, framed 50.8×70.0cm
Private Collection: Konan-shi, AICHI

1926〜28(昭和1〜3)年 16〜18歳
校友誌「愛工」第拾七號 研究論文挿絵
谷中M類栖/1f(東京都台東区)

1926-28, 16-18 yeas old
School Magazine 'Aiko 17'
Yanaka M-Louis.(R)/1f, TOKYO

 何時の間にか詩的となった私の幽かな想像は直ぐ現実となって行くらしい。

 ほんとうに森厳な深夜である。一人で起きているには惜しい程其れ程余りに尊とすぎる。万象の総べてが沈痛な呻吟をもらしているかとも思われるが、そうでもない。耳を傾けて何物かを聞き出そう、出来る丈遠くの物音を──生の囁きでも死の歔欷でも──を聞こうとしても、机の抽出の中の腕巻き時計の金属的な微妙なるセコンドを刻む音ばかりがそれを防ぐかの如くチクタクと響く。

 バッタリと分厚な古典劇の書物を閉じて、堅い表紙を赤鉛筆のキャップでたたき乍ら、ふと自分が此の広い世の長い夜の中で唯一動いている蠢いている人だぞと思う。そうして此の世の中でこんなとりとめもない事を考えているのも自分一人かしらと思う。

Recently Topics

「薫風」塗り絵ワークショップ続く
芸工展2014レポートと一部内容重複しますが、開始間もなく挫折したものの、展示終了後も継続できそうな企画のため、単独記事…
芸工展2014「金猊馬考」を終えて/続く
今年は午年にちなんで「金猊馬考」という企画タイトルで参加した芸工展2014も無事終了しました。 谷中まで足をお運びくださ…
金猊馬考 III - 馬上太子圖
芸工展2014「金猊馬考」展では展示準備に向けての発見や考えを書き落とした試論「金猊馬考」のテキストを連載中です。 所蔵…
金猊馬考 ⅠI - 四つの評価軸
芸工展2014「金猊馬考」展では展示準備に向けての発見や考えを書き落とした試論「金猊馬考」のテキストを連載中です。 所蔵…
芸工展2014「金猊馬考」展
谷中M類栖/1f は今年も「芸工展2014」に参加します。 芸工展2014 参加プロジェクト 「金猊馬考」展 Kinge…
金猊馬考 Ⅰ - はじめに
芸工展2014「金猊馬考」展では展示準備に向けての発見や考えを書き落としていく予定です。 所蔵者目線のゆる〜いテキストで…
小学館「日本美術全集」第18巻に「壁畫に集ふ」掲載決定!
先日、小学館「日本美術全集」を発行している編集部から連絡がありまして 現在、配本中の小学館「日本美術全集」 http:/…
宝塚市立中央図書館:宝塚歌劇のあゆみ展を終えて
2014年4月1日、清荒神の宝塚市立中央図書館・聖光文庫で開催された「宝塚歌劇のあゆみ」展が5月13日に終了しました。 …
宝塚歌劇のあゆみ展で『薫風』資料展示
宝塚市立中央図書館で開催される「宝塚歌劇のあゆみ」展に、金猊が1937年(昭和12年)に描いた東宝劇場壁画『薫風』(焼失…
「丸井金猊∞屏風修復」展
谷中M類栖/1f は今年も「芸工展2013」に参加します。 芸工展2013 参加プロジェクト 「丸井金猊∞屏風修復」展 …