丸井金猊

KINGEI MARUI

GO TO CONTENT

同時代年表

Chronological Table

Year 金猊史 - Kingei's History 文化史 - Cultural History 社会史 - Social History
1906年
明治39
岡倉天心『茶の本』  
1909年
明治42
0-1歳
10/19 愛知県葉栗郡北方村(現・一宮市北方町)大字中島字西郷1393番地(Google Map)で丸井貝二・みわの三男として生まれる。兄妹は9人兄妹姉妹。本名は丸井金蔵(きんぞう) 10/20 杉山寧、東京浅草で誕生(-1993)
他、大岡昇平(-1988)、花田清輝(-1974)、中島敦(-1942)、太宰治(-1948)、松本清張(-1992)、埴谷雄高(-1997)、山野愛子(-1995)、淀川長治(-1998)、土門拳(-1990)、山中貞雄(-1938)、田中絹代(-1977)、フランシス・ベーコン(-1992)
北原白秋『邪宗門』、永井荷風『すみだ川』
伊藤博文暗殺(ハルピン)
1914年
大正3
辰野金吾設計による東京駅が新築落成
宝塚少女歌劇第1回公演
第一次世界大戦開戦
1918年
大正7
豊田紡織設立
第一次世界大戦集結
1922年
大正11
12-13歳
3月 葉栗郡北方尋常高等小学校尋常科卒業
※中学入学卒業・高校入学時期は不明
   
1923年
大正12
    9/1 関東大震災
1925年
大正15
  第一回聖徳太子奉賛展  
1928年
昭和3
18-19歳
3月 愛知県立工業学校図案科卒業
4月 東京美術学校日本画科入学
5月 東京市本郷区根津須賀町23 福田松齢方に下宿
11月 東京市下谷区谷中清水町20 和田方に下宿
国画創作協会日本画部解散
再興第15回院展
最初の普通選挙実施
ミッキーマウスが映画初登場
1929年
昭和4
19-20歳
川端龍子、青龍社を結成
帝国美術学校(武蔵野美術大学)開校
ニューヨーク近代美術館(MOMA)開館
世界大恐慌始まる
国宝保存法制定
1930年
昭和5
20-21歳
1/15 長兄・久右エ門、病没(享年26歳)
6月 国際美術協会主催第一回美術展覧会に出品、入賞首席 ※画題「菊」平尾賛平氏買上
7月 東京市下谷区谷中坂町63 藤田方(春日館)に下宿
評論家、日本画家、洋画家で六潮会結成
大原美術館開館
 
1931年
昭和6
21-22歳
6月 国際美術協会主催第二回美術展覧会に出品(無鑑査)※画題「閑庭」公爵近衛文麿氏買上 日本版画協会結成
横山大観、帝室技芸員に任命される
平櫛田中が岡倉天心記念銅像除幕式
柳条湖事件(満州事変)勃発
羽田飛行場(東京国際空港)開港
1932年
昭和7
22-23歳
小林一三が東宝劇場設立 国際連盟、リットン調査団を日本へ派遣
満州国建国
五・一五事件
1933年
昭和8
23-24歳
1月 東京市東淀橋区諏訪町241 横田方に下宿
3月 東京美術学校日本画科卒業 卒業成績作品 ※画題「菊花讃頌」外務省政務次官瀧正雄氏買上
4月 東京美術学校日本画科研究科入学
5月 東京市淀橋区諏訪町216 中村方に下宿
12月 東京市本郷区宮永町14 太田義直方に下宿
杉山寧『野』卒業制作主席
バウハウス、ナチスにより閉校
ヒトラー、ドイツの首相に
日本、国際連盟脱退
長野県教員赤化事件
小林多喜二が逮捕され、虐殺
皇太子・明仁、誕生
1934年
昭和9
24-25歳
8月 東京市淀橋区戸塚町4-847 宇都宮新方に下宿
10月 愛知社主催東都在住作家日本画展覧会出品※画題「麗人散策」衝立、公爵近衛文麿氏買上
東京宝塚劇場開場(日比谷) 帝人事件起こる
中国で紅軍の長征開始
1935年
昭和10
25-26歳
1月 東京市淀橋区戸塚町4-781 二村光三方に下宿
3月 東京美術学校研究科卒業(修業年限2ヶ年)
4月 東京・私立川村女学院美術科講師、並びに常任幹事職員
11月 愛国生命保険株式会社(社長原邦造氏)の委嘱に依り壁画製作 ※画題「奏楽」
正木記念館落成
松田源治文相、美術界の挙国一致体制を整えるため、帝国美術院改組を発表
松岡映丘門下による国画院結成
九鬼周造『「いき」の構造』
文部省、国体明徴声明
フランスで人民戦線結成
1936年
昭和11
26-27歳
7月 東京市淀橋区戸塚町4-572 宮澤説成方に下宿
茅野さだゑと出会う
改組第一回帝展
麻生三郎ら、エコール・ド・東京を結成
猪熊弦一郎、小磯良平ら新制作派協会結成
美術批評家協会創立
日本民藝館開館
安井曾太郎ら一水会結成
聖徳記念絵画館壁画完成式(外苑)
日本、ロンドン軍縮会議から脱退
二・二六事件
スペインで内乱始まる
日独防共協定
中国で西安事件起こる
スターリンの大粛清が激化
1937年
昭和12
27-28歳
3/2 茅野さだゑと結婚
東京市淀橋区西落合1-279 に転居
5月 (株)東宝劇場(社長小林一三氏)の委嘱に依り同劇場階段ホール壁画製作 ※画題「薫風」

『画説』『国民美術』創刊
自由美術家協会、海洋美術界結成
帝国芸術院発足
海外超現実主義作品展
日本美術院、軍用機献納運動に参加
竹内栖鳳、横山大観、岡田三郎助、藤島武二文化勲章受章

第一次近衞文麿内閣成立
盧溝橋事件、日中戦争始まる
国民精神総動員実施要綱決定
日本婦人団体連盟結成
日独伊防共協定
宮中に大本営設置
日本軍、南京を占領
1938年
昭和13
28-29歳
6月 第一回現代美術展覧会出品 ※画題「壁畫に集ふ」
10/23 父・貝二、死去(享年70歳)しばらく北方村中島へ帰省
12月 東京市品川区大井出石町5158 塩長廣方(東京美術学校同級生)に金猊のみ下宿
弟・末太郎出兵
新美術人協会、歴程美術協会、大日本陸軍従軍画家協会、九室会結成
第一回満州国美術展、朝日新聞社主催の戦争美術展、第一回台湾総督府美術展
日本万国博覧会ならびに東京オリンピックの中止が閣議決定される
松岡映丘、死去
安田靫彦『孫子勒姫兵』
ドイツがオーストリア併合
国家総動員法公布
張鼓峰事件起こる
日本軍、武漢三鎮を占領
汪兆銘、対日和平声明
第一〜三次近衞声明
1939年
昭和14
29-30歳
1月 東京市杉並区高円寺6-730 野田義也方に金猊のみ下宿(さだゑは諏訪に帰省)
1月 東京市豊島区目白町1-1116 目白荘67号に転居
3/23 弟・末太郎戦病死(享年24歳)北方村で村葬
6/28 三鷹金猊居設計平面圖を金猊本人が表図
夏、三鷹金猊居地鎮祭(鳶頭長島の玉串)
11/3 下落合から金猊居(北多摩郡三鷹村下連雀303番地)に新築転居

ベルリン日本古美術展、聖戦従軍画展、紀元二千六百年奉讚展、第一回聖戦美術展
美術記者連盟発足
陸軍美術協会、美術文化協会結成
文部省に法隆寺壁画保存委員会設置

全国の招魂社が護国神社に改称される
独ソ不可侵条約
第二次世界大戦開戦
1940年
昭和15
30-31歳
川合玉堂、文化勲章受章
1941年
昭和16
31-32歳
4/9 母・みわ、死去(享年63歳)
  太平洋戦争開戦
1942年
昭和17
32-33歳
1月 東京・私立帝都学園高等女学院教諭(同年3月退職)
5月 戦争のため、一時的に三鷹から浦和に疎開(浦和市仲間5-38 和巧荘)
4月 埼玉県立浦和第一高等女学校教諭
大東亜戦争美術展
1944年
昭和19
34-35歳
2月 妻さだゑの実家・上諏訪にて長女・美鷹誕生
6月 浦和市岸町3-10 県立浦和第一高等女学校内に転居
11月17日 弟・了二、戦没(享年26歳)
   
1945年
昭和20
35-36歳
12月 埼玉県立浦和第一高等女学校高等官待遇(内閣)、地方教官二級
  8/15 第二次世界大戦終結
1946年
昭和21
36-37歳
4月 *東京美術学校日本画科講師
10月 浦和日本画家協会幹事並びに浦和市文化連盟会員
11月 次女・鏡子、浦和にて誕生
第一回日展
正倉院御物展(奈良国立博物館)
 
1947年
昭和22
37-38歳
1月 疎開先の浦和から三鷹の金猊居に戻る
4月 東京美術学校講師 工藝科勤務
第一回日本アンデパンダン展
東山魁夷『残照』
 
1948年
昭和23
38-39歳
4月、新制神奈川県立神奈川工業高校教諭 工芸図案科勤務
安田靫彦、文化勲章受章  
1949年
昭和24
  5月 東京藝術大学設置  
1950年
昭和25
  文化財保護法公布
小林古径、文化勲章受章
東山魁夷『道』
 
1951年
昭和26
41-42歳
住所記載名変更(東京都三鷹市下連雀303番地)
   
1952年
昭和27
  3月 東京美術学校、東京藝術大学美術学部となる
6/30 川合玉堂、死去
 
1955年
昭和30
  前田青邨、文化勲章受章  
1959年
昭和34
49-50歳
9/26 伊勢湾台風により北方村中島の生家が半壊
10月 帰省
   
1964年
昭和39
50-51歳
4/13 東京美術学校同窓会「八年会」(東京目白・椿山荘) 杉山寧『穹(きゅう)』  
1965年
昭和40
55-56歳
4月 神奈川工業高校工芸図案科と木材工芸科を改変、新たに産業デザイン科となる
   
1966年
昭和41
山種美術館開館  
1968年
昭和43
  藤田嗣治、死去  
1969年
昭和44
  東京国立近代美術館開館(竹橋)
東山魁夷、文化勲章受章
 
1970年
昭和45
60-61歳
4月 大阪万博、京都大原寂光院・三千院を視察
11月 初孫・隆人誕生(三鷹市)
三島由紀夫割腹自殺 日本万国博覧会(大阪)
よど号ハイジャック事件
1971年
昭和46
61~62歳
3月 神奈川県立神奈川工業高校を定年退職   日清カップヌードル発売
1972年
昭和47
62-63歳
2月 孫・晴子誕生(武蔵野市)
3〜6月 東村山市緑風荘に入院療養
   
1973年
昭和48
63-64歳
5月 孫・安理亜誕生(三鷹市)  
1974年
昭和49
杉山寧、文化勲章受章  
1975年
昭和50
65-66歳
住所記載名変更。東京都三鷹市下連雀3-40-2に
   
1976年
昭和51
66-67歳
4月 孫・真弘誕生(武蔵野市) 松田権六(漆芸)、文化勲章受章  
1979年
昭和54
69歳
7/12 心筋梗塞のため武蔵野市日赤病院にて死去(享年69歳) 第二次オイルショック
ソニーがウォークマン発売
ソ連のアフガニスタン侵攻
1993年
平成5
10/20 杉山寧、死去  
1995年
平成7

11/12 妻・さだゑ、脳梗塞で三鷹市篠原病院に療養中、肺炎を併発し死去(享年87歳)   阪神・淡路大震災
地下鉄サリン事件
1997年
平成9
6/18〜22 「≪所有≫の所在」展(三鷹市美術ギャラリー)
10/22〜26 丸井金猊とその周辺の人たち展(三鷹市美術ギャラリー)
   
1999年
平成11

1/8〜17 飛高堂表装 丸井金猊展(ぎゃれりぁ飛高堂・三鷹市)
3/15〜19 丸井金猊展 〜「閉ざされた成熟」のなかで(東京マリンギャラリー)
   
2000年
平成12
11/9〜13 浦和第一女子高等学校創立百周年記念美術・書道展(伊勢丹浦和店7階アートホール)に記念展事務局の依頼により『鷺圖』を出品 5月、プーチン、ロシア大統領就任  
2002年
平成14
10/4〜13 「家の中の金猊」展(三鷹金猊居)   日韓共催 FIFAワールドカップ
2003年
平成15

8/5 金猊最後の兄弟姉妹である妹・八恵、愛知県江南市の病院にて死去(享年91歳)
12/2 谷中M類栖、地鎮祭
   
2006年
平成18

10月15日〜22日、丸井金猊リソース ver1.0(谷中M類栖/1f)
※谷中芸工展参加企画(作品10点展示)
   
2007年
平成19
10/12〜14 丸井金猊リソース ver2.0(谷中M類栖/1f)
※谷中芸工展参加企画(作品8点展示)
   
2008年
平成20
4/26〜6/1 特別展「いまあざやかに 丸井金猊展」(一宮市博物館)    
«金猊略歴
金猊執筆»